1. TOP
  2. お酢に含まれる有機酸とアミノ酸を摂りたい
  3. 鎮江の黒香醋(約1ヶ月分 62粒入)

鎮江の黒香醋(約1ヶ月分 62粒入)

鎮江の黒香醋(約1ヶ月分 62粒入)
  • 鎮江の黒香醋(約1ヶ月分 62粒入)
  • 鎮江の黒香醋(約1ヶ月分 62粒入)

※FAXでの注文をご希望の方は、こちらをクリックしてください。ご注文用紙印刷画面が表示されます。

一般価格 : 2,160円(本体2,000円)

数量
数量
納期
約1週間でお届け予定
[ お届けの詳細 ] ※必ずお読みください
送料3,672円(税込)以上のご購入で送料無料
3,672円(税込)未満の場合は全国一律216円(税込)

商品詳細

鎮江の黒香醋

鎮江の黒香醋イメージ

一般的な食酢に比べ、香酢はアミノ酸と有機酸を断然多く含んでいます。熟年の技と永年の経験によって生まれた香酢はまさに健康の源。
 <やわた>では、扱いの難しい酵母を使って、機械に頼らず9ヶ月もの期間をかけて発酵熟成させる中国の伝統製法によって手作りした「黒香酢」にこだわりました。アミノ酸と有機酸を多く含む一番絞りに限定。さらに、<やわた>独自の「氷乾精製」で含有成分を損なわないままでカプセル化することに成功しました。

<やわた>がこだわりつづける中国の伝統製法によって造られた「香醋」は、まさに健康の源です

熟年の技と永年の経験により、アミノ酸と有機酸がたっぷり含まれた素晴らしい香醋が生まれるのです。

アミノ酸と有機酸がたっぷり含まれた素晴らしい香醋

江蘇省鎮江には香醋の工場が約40社程度あります。 今ではそのほとんどがオートメーション化されており、工程を短縮して作られます。 しかし、あえて自然の力にまかせ完全に発酵熟成させる昔ながらの製法を選びました。 高級な良い香醋を作るためには、良い環境、良い素材、良い人材、このどれが欠けてもできません。
豊かな水源を持つ鎮江の田園地帯で栽培されたモチ米と、小麦の糠を原料にして、<酒の醸造・酢の熟成・ろ過>という工程で醸造され、じっくりと完全熟成。 「特に、発酵の具合、温度、気候、季節によって仕込み方を変えないといけない。香醋は生き物だよ。」と、愛しむ職人達が、機械に頼らず9ヶ月もの期間をかけた手作りです。

 

職人の技による伝統的な酒造りが良い香醋を造る。

酵母を使用した伝統的な酒づくりが良い香醋をつくる。

鎮江の黒香醋は、まずお酒を造る作業から始まります。実はこのお酒造りが良い香醋を造るための一番重要な工程なのです。
<やわた>が採用した伝統製法では、経験豊かな腕の良い職人さんが造ることによりアルコール度数の高いお酒を造ることが出来ます。この違いが、後に香醋の有機酸を高める要素となります。

 

良いお酒だから有機酸が増え、アミノ酸が生成される。

良いお酒だから有機酸が増え、アミノ酸が生成される。

出来上がった上質のお酒とモミ殻と麦ヌカ、酢酸菌を混ぜ合わせます。毎日撹拌を繰り返すことで、酢酸菌に酸素を与え増殖を促しますが、実はその酢酸菌のえさとなるのがお酒(アルコール)なのです。アルコール度数の高いお酒とたっぷりの酸素で酢酸菌が一気に増え、有機酸をたっぷり含んだ良質の香醋となるわけです。 また、その過程で、タンパク質は分解されアミノ酸に変わります。

 

知ってナットク!

中国の医食同源の教え

中華料理にとって、香醋はかかせません。香醋は様々な料理に使われ、その味を引き立てます。特に揚げ物や炒め物などの料理との相性は抜群です。

中国には、<開門七件事、柴米油塩醤醋茶>ということわざがあります。
日常生活で最も重要な7つは、燃料・穀物・油・塩・味噌・酢・茶であるという意味で、穀物や塩と同様に、お酢の重要性を伝えています。医食同源の教えが代々と受け継がれる中国で、生まれて育てられ醸造され続けている黒酢「香醋」は、まさに健康の源。

 

中国の伝統製法と<やわた>独自の研究によって鎮江の黒香醋には有機酸とアミノ酸がたっぷり。

総有機酸量比較グラフ(日本食品分析センター調べ)日本の食酢に比べても有機酸が約45%多い

効率のよいエネルギーづくりに有機酸パワー
有機酸は、私たちの体内エネルギーを作り出す時に大切な「クエン酸サイクル」をスムーズに回す働きがあるので、活動的に過ごすためには必要不可欠です。「クエン酸サイクル」を効率よく回すためには、黒香醋の有機酸を摂ることが有効とされ、健康を気づかう人の強い味方になるのです。

 
総アミノ酸量比較グラフ(日本食品分析センター調べ)日本の食酢に比べてもアミノ酸が約18倍
※上記データはカプセル加工前の液体を比較したものです。

体の基礎として欠かせないアミノ酸パワー
体の基礎となるタンパク質は20種類のアミノ酸から構成され、その材料としてアミノ酸は必要不可欠です。体づくりに欠かせないだけでなく、クエン酸回路がスムーズに回る手助けもしているのです。ハリとツヤのある生活を送るために黒香醋のアミノ酸が美容と健康をサポートするのです。

 

多い理由●その1

アミノ酸と有機酸が断然多い濃度の高い、「一番搾り」の香醋だけを使用。

アミノ酸と有機酸が断然多い濃度の高い、「一番搾り」の香醋だけを使用。
香酢のランクは、酸度と濃度で決まります。一番搾りが断然に色濃く、その違いは一目瞭然。色の濃淡に比例して、アミノ酸・有機酸の含有量も一番搾りが圧倒的に豊富で、二番搾り三番搾りと段々にその含有量は減少していきます。<やわた>の一番搾りは6ヶ月の間自然発酵熟成させるため、アミノ酸や有機酸がより一層作られ濃い琥珀色になっていきます。

 

多い理由●その2

やわた独自の「氷乾精製」により、凍結し水分をとばします。その結果重要な栄養素の有機酸・アミノ酸がたっぷり含まれたカプセルが出来ます。

<やわた>独自の「氷乾精製」で含有成分をじっくり時間をかけて濃縮。
香醋の一番の特徴ともいえる有機酸は、一般的な煮沸により濃縮する製法では、せっかくの成分が壊れやすくなってしまいます。試行錯誤を繰り返した末、ようやく満足のいく製法にたどりつきました。それが、じっくりと時間をかけて水分を飛ばしていく製法です。その結果、有機酸をはじめ含有成分をより多く残し濃縮することができるのです。確かにこの方法では、時間もコストも、他の製法に比べて数倍もかかります。しかしこれが、自然生まれの健康補助食品にこだわる<やわた>の出した答えです。

 

お召し上がり方

1日2粒を目安にお召し上がり下さい。

鎮江の黒香醋

主要成分(1粒当たり)

エネルギー
:3.2kcal
 
たんぱく質
:0.19g
 
脂質
:0.20g
 
炭水化物
:0.15g
 
ナトリウム
(食塩相当量
:0.75mg
:0.0019g)
 
マグネシウム
:1.3mg
 
アルギニン
:13mg
 
リジン
:5.0mg
 
ヒスチジン
:1.6mg
 
フェニルアラニン
:4.0mg
 
チロシン
:1.1mg
 
ロイシン
:5.8mg
 
イソロイシン
:2.7mg
 
メチオニン
:2.2mg
 
バリン
:4.7mg
 
アラニン
:18mg
 
グリシン
:37mg
 
プロリン
:21mg
 
グルタミン酸
:21mg
 
セリン
:6.5mg
 
スレオニン
:4.9mg
 
アスパラギン酸
:10mg
 
トリプトファン
:0.059mg
 
シスチン
:0.40mg
 
γ-アミノ酪酸
:0.14mg
 
(GABA)
 
 
クエン酸
:0.046mg
 
酢酸
:3.9mg
 
乳酸
:9.6mg
 
コハク酸
:0.20mg
 
 

※原材料の一部に小麦を含んでいます。 ※上記表示値は、目安です。

こんな方にオススメ!

こんな方にオススメ!

★酸っぱいものが苦手な方
★スポーツをされる方
★毎日忙しい方
★健康を維持したい方


お客様の声

島根県 服部 様ご夫妻

決め手は質の良いアミノ酸がたっぷり
島根県 服部 様ご夫妻(39歳)

 1番のピークだった頃の写真を見ると、主人も私も「えーっ!!」って感じですね。久しぶりに会った親戚の叔母さんが、「今の人、誰だった?」と、あとから叔父さんに聞いたくらい、私だと分からなかったんですよ。ダイエット中は、とにかく食事は炭水化物を控えて、栄養価の高い植物性のタンパク質を摂るように心掛けました。  そしてダイエット中、栄養補給や美容のことを考えて飲み始めたのが鎮江の黒香醋だったんです。なぜ色々ある中から八幡の鎮江の黒香醋を選んだかというと、それはなんといってもアミノ酸の含有量が多かったから。飲んだ瞬間も、スッと酢の匂いがして、あっ!これって本当に香醋なんだと実感できました。もしそこで味も何もしなければ、ピンとこなかったと思うんですよ。口に入れた瞬間、酢の匂いがフワッと広がったというのが、私にとってインパクトが強かった。中国の綺麗な女性達が日々口にしているものだから、憧れて飲んでいます。

※年齢は、お話を伺った時点のものです。
※商品を飲用されたお客様の感想で、商品の働きをお約束するものではありません。

※写真及びイラストはイメージです。